皆様は生産緑地の2022年問題をご存知でしょうか。

どのような問題かと言いますと、1992(平成4)年に生産緑地法が改正されたときに指定を受けた生産緑地が、30年を経過する2022年に一斉に指定を解除されることによって、不動産市場に大量の宅地物件流入が予想される問題です。

宅地の大幅な価値低下のおそれや、都市環境の悪化などがおこると予想されております。そのため、不動産の売却をご検討中の方は即時行動に移した方が良いと考えます。

本内容が少しでもご自身に当てはまりそうであれば些細なことでも構いません。

どうぞお気軽にご相談下さいませ。

親切・丁寧にご対応させていただききます。           


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です